ダンロップのGRANDTREK MT2の特徴は?感想は?

「ダンロップ・GRANDTREK MT2を知っていますか?」

GRANDTREK MT2は、ダンロップの4×4用のタイヤ。

オフロード路面の走破性の高いタイヤを探している方におすすめのタイヤです。

「GRANDTREK MT2はどんなタイヤなの?」

ここでは、GRANDTREK MT2(グラントレック エムティーツー)の疑問に答えます。

GRANDTREK MT2

GRANDTREK MT2

ダンロップ(DUNLOP)は、日本のタイヤメーカーの住友ゴム工業のブランドです。

GRANDTREK MT2は、4WD車やSUV車のオフロード性能を高めたマットテレーンタイヤ。

ワイドタイプとナロータイプがあり、ワイドとナローでは、ブロック間隔が異なります。

サイズ展開は少なめで、16インチのみの設定。

ゴツゴツしたトレッド面を持ち、タイヤの剛性も上げてハードな走行も可能にも耐えれるタイヤです。

トライアル競技やロック競技をする方も多く装着していて、マッドグリップやダートグリップを重視する方におすすめです。

GRANDTREK MT2の特徴

GRANDTREK MT2の特徴

タイヤのブロックデザインは大きく、見た目のインパクトがあります。
 
GRANDTREK MT2は、性能だけでなく、ドレスアップ効果も高いタイヤです。
 

GRANDTREK MT2は、マッドテレーンタイヤの特徴があります。
 
■ マット路面でのトラクション性能
 
マッド路面の走行、トラクションを考えた作りで、ナロータイプはよりマッドに特化しています。

※GRANDTREK MT2は、ワイドとナローの設定があります。

 

■ オールシーズンタイヤ

マッドテレーンタイヤとして開発され、M+Sの全天候型タイヤです。

M+Sは「マッド・アンド・スノー」

軽い雪道は走行できる作りのタイヤです。

※高速道路等の冬タイヤ規制には通行できないことがあります。

 

■ タイヤデザイン
 
トレッドデザインは攻撃的でワイルドな雰囲気を出しています。
 
サイズによってアウトラインホワイトレター(OWL)の設定があります。

アウトラインホワイトレターは文字が白いふちどりになってます。

ドレスアップ効果も高いタイヤです。

GRANDTREK MT2の乗り心地

GRANDTREK MT2とジムニー

GRANDTREK MT2は、マッド系のタイヤなので、乗り心地重視のタイヤではありません。

乗り心地は、純正のタイヤと比較すると悪いです。

オフロード走行を考えたタイヤパータンで、ブロックが大きいのでロードノイズが出やすいです。

初めてマッド系のタイヤを装着すると、普通のタイヤよりうるさく感じる方が多め。

低速でアスファルト路面を走ると、ゴロゴロ音が出ます。
 
オフロード性能を重視している方向けなので、街乗りの快適性は下がります。

その分、オフロードのハードな走行でパフォーマンスを発揮するタイヤです。

GRANDTREK MT2の回転方向

グラントレック MT2は、タイヤの回転方向は決まっていません。

タイヤによっては回転方向の指定があるタイヤがありますが、グラントレック MT2は回転方向の指定はありません。

そのため、装着位置を気にせず装着することができます。

GRANDTREK MT2のサイズ

GRANDTREK MT2

GRANDTREK MT2のサイズは、16インチの10種類の設定があります。 (2023年1月時点)

ワイドタイプとナロータイプがあります。
 

<ワイドタイプ>

  • 265/70R16 112Q
  • LT225/75R16 103/100Q
  • LT245/75R16 108/104Q
  • LT265/75R16 112/109Q
  • LT285/75R16 116/113Q

 

<ナロータイプ>

  • 195R16C 104/102Q
  • 7.00R16 8PR
  • 7.50R16 6PR
  • LT235/85R16 108/104Q
  • LT255/85R16 112/109Q

 
GRANDTREK MT2は、サイズ展開は少ないので、注意が必要です。

ダンロップ(DUNLOP) オールシーズン GRANDTREK MT2 195R16C 04Q 1本

ダンロップ(DUNLOP) オールシーズン GRANDTREK MT2 195R16C 04Q 1本

13,420円(02/03 16:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

GRANDTREK MT2とジムニー

GRANDTREK MT2とジムニー

ジムニーが装着できるサイズが多いので、ジムニーの装着車は多いです。
 
※ノーマルのジムニーに装着するなら195R16Cがギリギリです。

195R16Cを装着できますが、車高を2インチほど上げたほうがいいです。
 
<GRANDTREK MT2のタイヤ外径>
195R16C:外径727mm
7.00R16:外径782mm
225/75R16(ワイド):外径750mm

175/80R16:外径686mm(純正)
 
タイヤ外径と車体からのはみ出し、干渉に注意が必要です。

外径が大きくなると、スピードメーターの表示が狂うので注意して下さい。
 
ジムニーについてはこちら
ジムニーの16インチのリフトアップサイズ

どんな車におすすめ?

GRANDTREK MT2は、タイヤサイズが限られています。

サイズは少なめのため、装着できる車種が限られ、装着するにはリフトアップが必要な車も多いです。

定番なのは、ジムニーで、競技をする方の装着率は高いです。

265/70R16は、ハイラックスサーフなどの純正サイズになっています。

ジムニー(JB64)にノーマルでも装着できるサイズもありますが、オフロードを走行するなら車高を上げたほうが干渉のリスクがなくなります。

まとめ

今回は、「ダンロップ・GRANDTREK MT2」を紹介しました。

GRANDTREK MT2は、オフロードに特化したタイヤで、その分野では最強という声もあります。

ハードなフィールドでも、高いパフォーマンスを発揮するタイヤです。
 
その他のマッド系タイヤはこちらの記事
OPEN COUNTRY R/T
ファルケン・ワイルドピーク M/T01
ヨコハマ・GEOLANDAR X-AT
 

タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

スポンサードリンク

この記事もオススメです!

コメントを残す