新型N-BOX(Nボックス JF3/4)のインチアップ情報

ホンダ N-BOX(Nボックス JF3/4)のインチアップ情報
<16インチ編>
 
「ホイール選びっていつも悩むんだよね・・・」
という方は多いのではないでしょうか?

悩む

ホイールには、たくさんの種類があり、
デザイン、サイズ、金額もバラバラ。

 
いったいどのサイズが装着できるのか?

 
「何を買ったらいいのかわからない・・・」という悩みに陥りがち。

 
この記事では、その悩みを少しでも解消できるように、
N-BOXのインチアップサイズをお見せしちゃいますね。

ホンダ N-BOX

2代目となるN-BOX(エヌボックス)
型式はJF3/4型(2017年9月-)


引用元:https://ja.wikipedia.org/

<N-BOXのグレード>
・G
・G・L
・G・EX
・G・Lターボ
・G・EXターボ
 

<N-BOXのエンジン>
・S07B型:658cc 直列3気筒DOHC
・S07B型:658cc 直列3気筒DOHCターボ

N-BOXには、ターボとNAがあります。

<駆動方式>
・前輪駆動(FF車)
・四輪駆動(4WD車)
 

<車両情報>

グレード G
全長×全幅×全高 3395×1475×1790
ホイールベース 2520mm
車両重量 890kg
エンジン 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最大出力(エンジン) 43kW/7300rpm
最大トルク(エンジン) 65N・m/4800rpm
JC08モード燃費 27.0km/L
ガソリン レギュラー

N-BOXの純正タイヤ・ホイールサイズ

<14インチ>

  • 型式:DBA-JF3
  • 年式:2017年9月~
  • タイヤサイズ:155/65R14
  • ホイールサイズ:14×4.5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:40

Nボックスカスタムは、このようなデザインのホイールを装着しています。

 
<15インチ車 カスタム>

  • 型式:DBA-JF3
  • 年式:2017年9月~
  • タイヤサイズ:165/55R15
  • ホイールサイズ:15×4.5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:45

※純正で14インチと15インチがあります。

 
<タイヤサイズの見方>

・タイヤ幅:タイヤの断面幅です。
・扁平率:タイヤの厚みです。
・タイヤ内径:ホイールを装着する部分のサイズでインチで表します。

タイヤ内径とホイールが合っていないと装着できません。
(例)155/65R14の場合は、14インチのホイールを装着します。

ホンダ N-BOXのナットサイズ

ホイール取り付け時に必要になるのがナットです。

<テーパーナット>

N-BOXのホイールナットサイズ

  • M12×1.5
  • 19HEX(19ミリ)

1台分では16個のナットが必要です。
 

N-BOXは社外品ホイールを装着する場合は、別途テーパーナットが必要になります。

社外品のホイールを装着する場合は、純正ナットは使用できません。
⇒ ホンダ車のナットに関して
 

N-BOXのインチアップに関して

◆ タイヤの外径は変わらないようにする必要があります。

タイヤの外形が大きく変わると、
車のスピードメーターに影響が出て危険ですし、車検も通りません。

(例 スピードメーター40km 実際の速度 50kmということがおこります)

タイヤの外形を大きくすると、車の速度とスピードメーターの速度が違う可能性があります。
 

タイヤは、どんなサイズでも装着出来るわけではなく、装着出来るタイヤサイズはある程度限られます。

このページでは、なるべく純正に近い外形のタイヤサイズを紹介しています。

◆ 車体の干渉やはみ出しに注意してください。

ホイール幅やインセットによって、
はみ出しや干渉が決まりますので、慎重に選んでください。

車高を落とすことで、
はみ出しを回避しやすくなりますが、干渉しやすくなるので注意してください。
 

ホンダ N-BOXインチアップサイズ

ホンダ・N-BOXの純正サイズは、前の型のN-BOX(JF1/2)と同じ純正サイズになりますので、前モデル(JF1/2)と同じタイヤサイズを装着できます。
 

<N-BOX(JF3/4)のインチアップ装着可能サイズ>
・15インチ ⇒ ○
・16インチ ⇒ ○
・17インチ ⇒ △

△は注意が必要です。
 

16インチのサイズ

 
タイヤサイズ
165/45R16
 
<ホイールサイズ>

  • 16×5J(5.5J)
  • ホール数:4H
  • PCD:100
  • インセット:45

※装着可能サイズですが、あくまで参考サイズです。

16×5Jのホイールで、インセット45であれば基本的には装着できると思います。

スポンサードリンク


N-BOX16インチの注意点

ホイールのデザインにより、はみ出しに注意が必要です。

特に、ディスク面が盛り上がっているホイールは、
その部分がはみ出す可能性がありますので注意してください。

(N-BOXはフロントのクリアランスが狭いです)
 

タイヤのリムガードが、
はみ出すこともありますので、注意が必要です。

6Jのホイールも入るには入りますが、
はみ出す可能性が大きいです。
(インセットの選択、キャンバー角、加工が必要になります)

車高を落とし過ぎるとフロント・リア共、
フェンダーとの干渉の可能性が増えます。
 

N-BOX 16インチの通販価格

ホイールのセットは、カー用品店で購入可能ですが、最近では、ネット通販でも購入ができます。

ネット通販では、N-BOX用のホイールセットが数多く販売されています。

ホイールセットであれば、通常のタイヤ交換作業と同じ感じで取付できます。

 ※適合車種にエヌボックス(JF3/4)の記載があるかを確認してください。

 
いろいろな種類があるので、好みのデザインのホイールを探してみてください。

楽天のホイールセット価格(16インチ)↓
165/45R16 N-BOX ホイールセット

 

ヤフーショッピングのホイールセット価格(16インチ)↓
165/45R16 N-BOX ホイールセット

※別途ホイールナットが必要になります。

6Jのホイールもありますが、軽自動車なのではみ出し、干渉の可能性が高いです。

カスタムするのであれば装着できる場合もありますが、基本的にはオススメではありません。

N-BOXは、16×5J(5.5J)のホイールがいいです。

 
16インチでは物足りない方もいらっしゃるかも知れません。

16インチ以上のサイズは、別の記事にて書いていますので参考にしてください。

N-BOXの17インチに関してはこちら
N-BOX(JF3/4)の17インチのタイヤ・ホイールサイズ

 
N-BOXの18インチに関してはこちら
⇒ N-BOX(Nボックス)の18インチのタイヤ・ホイールサイズ

 
ホイールを変えると、車のイメージがグッと変わります。

車のカスタムを楽しんでくださいね。
 

いかがでしたか?
今回は、「新型N-BOXのインチアップサイズ」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す