タフトにマッドテレーンタイヤを装着!アウトドアスタイルへ変身する方法。

タフトをカスタムしたい。イメチェンしたい!

ダイハツ・タフトを愛車としているあなたに、アウトドア活動に最適なマッドテレーンタイヤの装着方法を紹介します。

タフトの四角いフォルムとマッチし、どんな未舗装路でも力強く走破できるタイヤで、車の魅力を一新しましょう。

ここではタフトに装着できるワイルドなマッドテレーンタイヤの種類をお見せしちゃいます。

目次

タフトの基本情報

タフトの後方

ダイハツのTAFT(タフト)は、2020年6月に発売されたクロスオーバーSUVの軽自動車 。

スクエアデザインで、全高は低めに作られています。

タフトのグレードは、Gターボ、G、X
 
エンジンは、直3 DOHCでNAとターボがあり、駆動方式はFFと4WD。

タフトは、クロスオーバーSUVなので、ゴツゴツしたマッドテレーンタイヤとの相性もよく、アウトドア仕様にすることもできます。

タフトの純正タイヤ・ホイールサイズ

純正サイズ

タフトは、全グレード15インチを装着しています。

15インチのサイズ

  • 型式:6BA-LA900S
  • 年式:2020年6月~
  • タイヤサイズ:165/65R15
  • ホイールサイズ:15×4.5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:45

このサイズのマッドテレーンタイヤを装着することで、グリップ力が増し、よりアグレッシブな外見になります。

ホイールナットも交換したい方は、ホイールナットを別途購入してください。

タフトのホイールナットサイズ
  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

マッドテレーンタイヤの購入方法

タフト

タフトにマッドテレーンタイヤを購入するには、タイヤのみ購入する方法とホイールセットで購入する方法があります。

タイヤのみ購入する場合は、純正のホイールを使用して、タイヤのみを交換。

ホイールにタイヤを組み替える作業が必要になります。

ホイールとタイヤのセット購入は、統一感のあるスタイルを実現しやすく、取り付けも簡単なので、セットでの購入がおすすめです。

タイヤのみ交換する方法

タイヤ組み換え

タイヤのみを購入する場合は、純正のホイールのタイヤを組み替えます。
 
純正ホイールは15インチなので、15インチのタイヤを選択。

タフトのタイヤサイズは、165/65R15なので、同じサイズを選びます。

ホイールセットで購入する方法

ホイールセットを購入する場合は、タイヤとホイールを選び、組み込まれた状態で届くのが一般的です。

ホイールも変えたい方は、ホイールセットで購入するのがおすすめで、ネット通販で購入が可能。

タフトのホイールセットを購入する時は、以下のような流れになります。

STEP
タイヤサイズを決める

純正サイズを参考にサイズを決めます。

STEP
ホイールサイズを決める

装着可能なホイールサイズを選択します。

STEP
タイヤの銘柄、ホイールを選択

タイヤのメーカー、ホイールデザインを決定。

STEP
ホイールセットの適合を確認

年式、型式、グレードを確認

STEP
ナットを選択

必要な場合はナットも購入

STEP
タイヤの交換・取り付け

確実に取り付けを行います。

車に合うホイールデザインを選ぶことができます。

タイヤのみ交換する方法とホイールセットで購入する方法があります。

タフトに装着できるマッドテレーンタイヤ

マッドタイヤ

タフトに装着できるゴツゴツしたタイヤ(マッドテレーンタイヤ)があります。

SUV車のデザインを活かして、マッドテレーンタイヤを装着することでワイルドな雰囲気を出せます。

純正のタイヤ外径と同等の商品であれば、改造なしでそのまま装着が可能で、タイヤ交換だけで雰囲気を変えれます。

マッドテレーンタイヤは、泥や未舗装路に強い設計となっています。タフトにおすすめのマッドテレーンタイヤ(165/65R15)は以下の通りです。

  • OPEN COUNTRY R/T 165/65R15
  • MUDSTAR RADIAL M/T 165/65R15

タフトの純正サイズのマッド系タイヤは少なく、3種類のみです。

国内メーカーの「トーヨー」と「ヨコハマ」、アジアンタイヤの「ナンカン」です。

ここでは、それぞれのタイヤを紹介します。

TOYO(トーヨー)

R/T

トーヨーは日本のタイヤメーカーです。

トーヨーのマッド系のタイヤは、OPEN COUNTRY R/T(オープンカントリー R/T)です。

オープンカントリーは、マッドテレインとオールテレインの中間のラギッドテレイン(R/T)です。

165/65R15は、ホワイトレターではないため注意してください。

NANKANG(ナンカン)

ナンカンのマッド系タイヤがN889 MUDSTAR(マッドスター)M/Tです。

MUDSTAR M/Tのタイヤ外径:580mm

タイヤのホワイトレターも良いアクセントになってます

ナンカンは、台湾のタイヤメーカーです。

マッドスター MUDSTAR RADIAL M/T 165/65R15 165/65-15 81S WL 1本

マッドスター MUDSTAR RADIAL M/T 165/65R15 165/65-15 81S WL 1本

10,700円(04/23 08:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

ホワイトレター

オープンカントリー

タイヤ側面のブランドネーム・タイヤネームが白く塗られているのがホワイトレターです。

全てのタイヤがホワイトレターではないため、メーカー、ブランド、サイズによって異なります。

※マッド系のタイヤの一部サイズはホワイトレターを採用していますが、165/65R15はホワイトレターではないタイヤもあります。

ホワイトレターが欲しい方は購入前に確認してください。
 
ブラックレターをホワイトレターにしたい方は、自分で塗るしかないです。

自分でホワイトレター風にできるパーツもあります。

自分でペイントに挑戦してみるのも面白いかもしれません。

15インチのホイールセット一覧

タイヤに合わせて、ホイールもワイルドなデザインのもの選ぶといいです。

ホイールは、適合型式にタフトと書かれているかどうかチェックしてください。

購入可能なオンラインストアは以下のようなところがあります。
 
楽天
タフト マッドテレーン 15インチのホイールセット

 
ヤフーショッピング
タフト マッドテレーン 15インチのホイールセット

 
アマゾン
タフト マッドテレーン 15インチのホイールセット

まとめ

今回は、「タフト」に装着できるマッドテレーンタイヤ(ゴツゴツしたタイヤ)を紹介しました。

タフトに新しいマッドテレーンタイヤを装着して、アウトドアテイストに仕上げるも面白いかもしれません。

タイヤやホイールを変えると、車のイメージがグッと変わります!

15インチでは物足りない方は、インチアップするといいです。
⇒ タフトをインチアップする方法

通常の15インチのホイールセットはこちらの記事
タフトの15インチのホイールセットの購入方法

タフトのタイヤ・ホイール選びの参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自動車業界で10年のキャリアを積んだ後、自動車関連のWEBライターとして活動しています。特にスポーツカーが好きで、多岐にわたるモデルを経験してきました。これまでに1500本以上の記事を執筆し、専門知識をもとに読者に有益な情報を提供しています。タイヤ・ホイールの選び方から購入方法まで、実践的なアドバイスをお届けします。

コメント

コメントする

目次