引っ張りタイヤはどこのメーカーがオススメ?

<車のインチアップ情報>
 
引っ張りタイヤとはどのようなタイヤなのでしょう?

ローダウン

ホイールには適正なタイヤサイズというのがあり、ホイール幅に対して装着するタイヤサイズを小さくすることでタイヤが引っ張られた状態になります。

このようなタイヤを「引っ張りタイヤ」といいます。
 

タイヤの角が引っ張られて丸みを帯びた状態になり、引っ張られた状態なのでこのようなタイヤを引っ張りタイヤと呼びます。

 

まず、引っ張りタイヤを知る上で重要なのが扁平率です。

タイヤのサイズ

扁平率とは、簡単に言うとタイヤの厚みのことです。
 
195/65R15

というサイズなら65の部分が扁平率です。

タイヤ幅195に対して65%が扁平ということになります。

数字が小さいほどタイヤの厚みが薄くなります。
 

なぜ引っ張りタイヤを装着するの?

 
基本的にはドレスアップ、カスタム向けに引っ張りタイヤを装着します。
 

引っ張りタイヤを装着することでメリットがあります。

  • タイヤのショルダーが寝ることで鑑賞を減らすことができる
  • 車高を低くすることができる
  • タイヤが薄く見える

このような見た目の部分に関するメリットが多いため、ドレスアップをする方や車を改造する方に人気なのが引っ張りタイヤです。

ただし、引っ張りタイヤにはデメリットがあります。
 

サイズにもよりますが、適正ではないタイヤの組み付けになり タイヤの肩の部分(ショルダー) に負担がかかります。
 

走行中にバーストしやすくなったり、タイヤが外れやすくなったりする危険性もあります。
 
特に空気圧の管理が必要になるため、通常のタイヤよりも空気圧を多めに入れる必要があります。
 
ドアなどに書いてある純正のタイヤ空気圧では少な過ぎになりますので適正な空気圧にしてください
(大体3k以上入れることは多いです)
 

また、タイヤの角が寝るため偏摩耗にもつながりますので、キャンバーが付いている車だとタイヤの寿命が短くなることも考えられます。
 
タイヤの外形が変わりすぎるとスピードメーターの狂いも生じるため、タイヤの外径にも注意が必要です。
 

引っ張りタイヤには、このようなメリットとデメリットがあります。
 

基本的に引っ張りタイヤはドレスアップ、カスタムする方向けのため、リスクが増えますのでその部分は十分注意してください。

引っ張り具合によっては車検もNGになります。

スポンサードリンク


どこのメーカーのタイヤが引っ張りに向いているの?

タイヤには様々なメーカーがあり、それぞれの特徴があります。

そのため同じサイズであっても、タイヤの作りは異なっています。
 

引っ張りタイヤに向いているメーカーや、向いていないメーカーもあります。
 
またメーカーだけではなく、タイヤの銘柄による違いもあります。
 

一般的に人気が高い引っ張りメーカーは、ナンカン、クムホ、ハンコックなどのアジアンタイヤの人気が高いです。
 
アジアンタイヤの価格が安いということもありますが、タイヤサイズが豊富で、国内メーカーにはないサイズがあるのも人気の理由です。
 

また、アジアンタイヤはタイヤの幅が細身のものが多く、引っ張りやすいため、フェンダーなどとの干渉を防ぎやすくなる部分も人気の一つです。
 

国内メーカーのタイヤで言うと、ブリヂストンタイヤはショルダー部分がしっかりしていて、引っ張っても安定感が高いです。

しかしタイヤサイズが少なく、価格も高めのためあまり向いていません。
 

ヨコハマタイヤは、ショルダーも寝やすいためフェンダーなどとの干渉は防ぎやすいです。

こちらも同じようにタイヤサイズが少ないため 車によっては設定がない場合があります。
 

引っ張りタイヤの場合は、装着するメーカーによってタイヤの違いが出るため、どこのメーカーを選ぶのかも重要になってきます。

今回は、インチアップやローダウン時に装着することもある引っ張りタイヤについて書きました。
 
引っ張りタイヤには、メリットやデメリットがあるので、条件を確認して自分の車にあったものを装着してください。
 

毎日、車を乗る方は、パンクなどのリスクもあるため引っ張りタイヤの装着はお勧めではありません。
 

引っ張りタイヤを装着する場合は、空気圧の管理に注意してください。

スポンサードリンク

この記事もオススメです!

コメントを残す