ヨコマハタイヤのブルーアースGT(AE51)の特徴や良さは?

<ヨコハマタイヤ ブルーアースGT>
 

ブルーアースGT

 
日本のタイヤメーカーのヨコハマタイヤ。

BluEarth(ブルーアース)は、ヨコハマの定番モデルです。

そのBluEarthの新モデルが「BluEarth GT」です。

BluEarth-GT AE51
 

ブルーアースには、ブルーアースAというモデルがありますが、ブルーアースAは従来品として販売されています。

 
ブルーアースGTのタイヤパターンは、左右非対称デザイン。

BluEarth-GT AE51
引用:https://www.y-yokohama.com/

タイヤのINとOUTで剛性を変えて接地面をコントロールしています。
 

ブルーアースGTの特徴は、転がり抵抗が少なくて、ウェットのグリップも高いこと。
 

<ブルーアースGT>
・転がり抵抗はAA表記
・ウエットグリップもA表記
 

ウェットグリップAは最高グレードです。

転がり抵抗と相反するウェット性能が上がっています。
 

ブルーアースGTの発売は、2019年2月。
 

ブルーアースGTのサイズ

 
BluEarth-GT AE51のサイズは、14~19インチの設定

ek

155/65R14 といった軽自動車サイズから245/40R19というミニバン、プレミアムセダンサイズまで幅広いです。
 

コンパクトカーサイズもあります。
・175/65R15
・185/60R15
・195/65R15

幅広い車種に装着できるタイヤです。

 

ブルーアースGTがおすすめの人は?

 
通常のタイヤよりも、ワンランク上のタイヤが欲しい方におすすめです。

逆に、格安タイヤを探している方には向かないです。

走りを売りにしているため、走りが好きな方やハンドリングを楽しみたい方に向いています。
 

高速の安定性も高めのタイヤがブルーアースGTです。

乗り心地とハンドリングもいいので、インチアップタイヤとしてもいいです。

 
いかがでしたか?
今回は、「ヨコハマ・BluEarth-GT AE51」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す