オートバックスのマックスラン・エバーロードってどんなタイヤ?

<タイヤの銘柄チェック>

タイヤ購入時に迷うのはどのタイヤを購入するのかという部分。

タイヤにはいろいろな種類があり、メーカーやブランド、価格も様々で性能も異なっていると思います。

その中でどのタイヤを選べばいいのか?

 

今回は、AUTOBACSのタイヤ 「マックスラン・エバーロード(Maxrun EVERROAD)」をチェックしてみました。

マックスラン・エバーロード

マックスラン・エバーロード

まず、マックスラン・エバーロードは、オートバックスの専売タイヤです。

プライベートブランドという言い方もします。

 

プライベート・ブランドとは、小売業者や流通業者によって企画販売される製品ブランドのこと。
簡単に言うと、オートバックスが企画して、タイヤメーカーに作ってもらったタイヤです。

オートバックスでのみ販売しているタイヤです。

エバーロードには、どんなサイズがあるの?

サイズは、13インチ~18インチまであります。

<タイヤサイズの例>
・155/65R13
・155/65R14
・165/70R14
・175/65R14
・185/65R15
・185/65R15
・215/60R15
・215/45R17
・225/45R18 etc

サイズは、純正のタイヤサイズが中心。

軽自動車やコンパクトカーのサイズが多めの印象です。

サイズのバリェーションもあるのでインチアップに使用も可能です。
※18インチ以上は設定がありません。

 

購入したのは、軽自動車用の155/65R14です。

なぜ、マックスランエバーロードを購入したのかと言うと、 在庫があって価格が安めで、まあ性能もそこそこだからです。

マックスランエバーロードの性能は?

一言でいえば、普通です。

タイヤの性能を素人が比較するのは難しいです。

常に、車に乗っている人で、感覚が敏感な人なら、すぐに分かりますが、性能をはかるのは難しいです。

優れたタイヤと比較すると、転がり音がする、グリップが頼りないとかと言う感じになりますが、特に問題ない普通のタイヤと言えます。

街乗りでは、特に問題を感じないです。

車に興味がない人が乗ったら、なにも感じないと思います。

減ったタイヤから新品に交換して、ハンドルが少し軽くなった気がする、柔らかくなった、ということを感じるレベルです。
 

<私が乗って感じたこと>
タイヤの作りのせいか、柔らかめの乗り心地。
タイヤのサイドが柔らかい感じがするので、フワフワした感じがあります。

タイヤのヨレがあるので、高速道路や飛ばす人は注意が必要。
空気圧を少し高めにした方がいいかもしれません。

スポンサードリンク


マックスランエバーロードの良さは?

マックスランエバーロードのメリットは、低燃費性能とウェットグリップ性能

性能というよりは、ラベリング表示がされているというのがポイントです。

他のアジアンタイヤと呼ばれる輸入の低価格タイヤと違い、社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)公認のラベリング表示がされています。

マックスラン・エバーロードの表示

タイヤラベリング表示の部分で信頼性が高まっています。

<ラベリング表示>
・転がり抵抗:A
・ウェットグリップ性能:C

マックスランエバーロードのウェットグリップはC表示なので、それほど雨の日の性能が高いタイヤではありませんが、何のラベル表示もないタイヤよりは、はるかに信頼度が高いです。

転がり抵抗はA表示と、高めなので燃費向上に貢献するかもしれません。

転がり抵抗の最上級はAAAなので、標準的な転がり抵抗です。

 

<最後に>

マックスラン・エバーロードは、国産タイヤとしては低価格のタイヤです。

今回、購入した155/65R14のサイズで1本4000円ぐらいです。

タイヤサイズにより、価格は違いますが、国産タイヤと比較しても安めの価格なのが特徴です。

AUTOBACSのタイヤ 「マックスラン・エバーロード」を製造しているのは、住友ゴムです。

マックスランシリーズは、海外産のタイヤは嫌だけど、安い国内産のタイヤが欲しいという方には最適なブランドとなっています。

スポンサードリンク

この記事もオススメです!

コメントを残す