インチアップしている車の車検の注意点は?

<インチアップ情報>

車検編
 

車検について?

車検は新車購入時には3年。

それ以降は2年に1回車検を受ける必要があります。
 

車検の際には、保安基準を満たしているかどうかのチェックがあり、基準に入っていない場合は車検がNGになり、公道の走行はできません。
 

項目はいくつかあり、ライトなどの灯火類、エンジン系のオイル漏れ、ブレーキやハンドルなどさまざまな項目に分かれています。
 

インチアップをしている場合は、車検時にタイヤ、ホイールに注意が必要になります。

今回は、ホイールのインチアップをしている車の車検の注意点を解説します。

 

インチアップ時の車検の注意点

 
インチアップと大きく関わるのは、タイヤやホイールです。
 

車検でタイヤ・ホイールに関わるのは、以下の3つが上げられます。

  • フェンダーからのはみ出し
  • インナーの干渉
  • タイヤの外径

 
インチアップの際に特に注意が必要なのは、フェンダー(車体)からのはみ出し。
 

車をかっこよく仕上がるために、車両のフェンダーギリギリを狙っている車は、はみ出していないかを確認しなければいけません。

自分の見た感じでは車両内に収まっていると思っても、検査官の判断は車検NGと言われることも多いです。
 
インチアップ時ははみ出していないかをチェックしてください。
 

また、前後、左右どこか1カ所がはみ出しても車検はNGです。

FF車などでは、リアのアクスルのズレによって左右で出方が違うこともあるので注意してください。

 
ホイールの表面が車両からはみ出していても、車検は通りません。

もちろん、ナットが車体から飛び出していても車検はNGです。

 
はみ出し以外に、タイヤの外径にも注意が必要です。

純正のタイヤサイズとインチアップ時のタイヤ外径を合わせなければいけません。

(例)
16インチから17インチ
・205/60R16の外径:652mm
・215/50R17の外径:646mm
 

タイヤの外径が違いすぎると、スピードメーターの表示と実際の速度が異なるため車検が通らないこともあります。
 (10mmぐらいの違いならそれほど影響はなさそうです)

 
ただし、純正のタイヤの外径よりも大きくなる場合は注意が必要です。

(大きくなるとスピードメーター表示よりも実際の車のスピード早くなり危険です。)

 
車検はルールがあり、そのルールは複雑なため車検が通るかどうかの判断が分からないことがあります。

ギリギリの場合や怪しい場合はNGと言われることが多いため、ギリギリは避けておくのがいいです。

 

車体からのはみ出しや干渉、タイヤの外径は注意しなければいけませんが、インチアップ時のサイズによってはタイヤの荷重指数(ロードインデックス)にも注意が必要です。

タイヤの荷重指数(ロードインデックス)が足りないと、保安基準を満たさないことになるため車検が通りません。
 
荷重指数(ロードインデックス)は、タイヤ1本で支えることができる最大負荷能力の指数です。
 

XLタイヤ(エクストラロードタイヤ)の場合は、空気圧によっても荷重指数(ロードインデックス)が変わります。
 

大きめのサイズにインチアップしている方は、このような部分にも注意する必要があります。

 

ローダウン車では、車高が9センチ以下の車も車検が通らないため最低地上高はキープする必要があります。

車両下部のメンバー部分やマフラーなどの高さに注意してください。

 

<最後に>
 

今回は、インチアップの車検の注意点を書きました。
 

車検では基準がありますが、一般の方では判断しにくい部分もあり、検査官の判断に委ねられることが多いです。

そのため、ギリギリではなく、ある程度余裕を持たせておくことが大事です。
 

見た目、かっこよさを優先しすぎるあまり、車検に通らないということは避けていきたいですね。

ファルケン・ワイルドピークM/T01はどんなタイヤ?サイズは?

<ファルケン・ワイルドピーク M/T01>

ワイルドピーク M/T01

 
日本のタイヤメーカーの住友ゴム工業のブランドのファルケン(FALKEN)

ファルケンにも4WD車やSUV車に向けたマットテレーンタイヤがあります。

「ワイルドピーク M/T01」

ゴツゴツしたトレッド面を持ち、タイヤの剛性も上げてハードな走行も可能にも耐えれるタイヤです。

 
タイヤのブロックデザインは大きめで、アグレッシブなイメージが強く、見た目も非常にワイルド。
 

ワイルドピーク M/T01は、性能だけでなく、見た目の効果も高いタイヤです。
 

ワイルドピーク M/T01

 

ワイルドピーク M/T01の特徴

 

■ マット路面でのトラクション性能
 
ラギッド&リジットトレッドブロックを採用し、剛性がアップ。

マット路面のトラクションに貢献。

 

■ オフロード性能
マッドテレーンタイヤとして開発され、オフロードのトラクション性能も高いタイヤです。

 

■ かっこいいデザイン
 
サイドウォールやトレッドデザインは攻撃的でワイルド雰囲気を出しています。

ドレスアップ効果も高いタイヤです。

ワイルドピーク M/T01のサイズ

 
ワイルドピーク M/T01のサイズは、3種類の設定があります。
 (2019年8月の時点)
 

<タイヤサイズ>
・LT265/70R17
・LT285/70R17
・LT245/75R16
 

ワイルドピーク M/T01は、Jeepのラングラールビコンに純正装着されています。

 
ワイルドピーク M/T01は、サイズ展開は少ないので、注意が必要です。
 

国産車だと、トヨタ・FJクルーザー、ランクル、ランクルプラドなどで装着することがあるかもしれません。

 

アメリカでも人気が高まっているファルケンタイヤ。

サイズ展開は少ないですが、今後も要注目です。

 
■ その他のタイヤ紹介
⇒ ヨコマハタイヤのブルーアースGT(AE51)
⇒ ブリヂストン・レグノGRV2
⇒ エナセーブRV505

 

いかがでしたか?
今回は、「ファルケン・ワイルドピーク」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

ダンロップのエナセーブRV505の良さは?特徴は?

<ダンロップ・エナセーブRV505>

エナセーブRV505

 
日本のタイヤメーカーの住友ゴム工業のブランドがダンロップ(DUNLOP)

ダンロップは、知名度の高いブランドです。

ダンロップのエナセーブシリーズ(ENASAVE)は、ダンロップの定番モデルです。
 
そのダンロップのミニバン専用モデルが「エナセーブRV505」です。
 

エナセーブRV505

エナセーブRV505
引用:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/passenger/rv505/

エナセーブRV505は、ダンロップの技術の吸音スポンジを搭載したタイヤです。

静粛性も考えられ、ミニバン用にチューニングされています。
 

■ ミニバンの弱点となるふらつきに対応したタイヤです。
 

ミニバンは背の高さがあるため、セダン車と比べるとふらつきしやすいです。

カーブ時は、荷重によりふらつきやすく、風の強い日には風の影響をうけやすくなります。
 

ふらつき対策になるタイヤなら、カーブや横風のふらつきを低減する効果があります。

エナセーブRV505は、前のモデルのエナセーブRV504よりも、ふらつきしにくいタイヤになっています。

 
■ 非対称パターン
 
非対称パターンを採用し、タイヤのINとOUTで剛性を変えて接地面をコントロールしています。

非対称・非方向性パターン
 (車に装着時の左右の区別はありません。)

非対称設計で、路面の接地面積を向上。
 
タイヤの角の偏摩耗にも効果がありそうです。

 
■ タイヤラベリング
 
<エナセーブRV505>
・転がり抵抗はAA表記
・ウエットグリップはb表記
 
※サイズによっては、ウエットグリップc表記のサイズもあります。
 
転がり抵抗はよく、燃費にも貢献しそうです。
 

エナセーブRV505の発売は、2019年6月。

2019年の新しいタイヤです。
 

エナセーブRV505のサイズ

 
エナセーブRV505のサイズは、13~20インチの設定があります。
 

軽自動車サイズの155/65R13 や、ミニバンの245/35R20というサイズまで幅広いです。
 
エナセーブRV505には、ミニバン・コンパクト・軽カーサイズがあります。
 

コンパクトワゴンサイズもあります。
・175/65R15
・185/60R15
・195/65R15
 
エナセーブRV505は、アルファード、エルグランドなどの大きな車から、トールワゴンの軽自動車まで幅広い車種に装着できるタイヤです。

 

エナセーブRV505がおすすめの人は?

 
ミニバンを乗っている方で、通常のタイヤよりも、ワンランク上の性能が欲しい方におすすめです。
 

エナセーブRV505は、乗り心地、静粛性も考えられたミニバンタイヤ。
 
転がり抵抗はAAなので、燃費性能は高めです。
 

エナセーブRV505のウェット性能は、b〜cなのでそれほど雨に強くはありませんが、バランスのいい国内メーカーのタイヤです。
 

逆に、エナセーブRV505は、格安タイヤを探している方には向かないです。

低価格のタイヤではないので、価格重視の方は厳しいかもしれません。
 

サイズのラインナップが豊富で、20インチの設定もあるのでインチアップタイヤとしてもいいです。

ミニバンのインチアップタイヤとしてもオススメです。

 
■ その他のタイヤ
⇒ ヨコマハタイヤのブルーアースGT(AE51)
⇒ ブリヂストン・レグノGRV2

 
いかがでしたか?
今回は、「ダンロップ・エナセーブRV505」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

ブリヂストン・レグノGRV2がオススメな人は?インチアップタイヤ

<ブリヂストン・レグノGRV2>

レグノGRV2

ブリヂストン

日本のタイヤメーカーのブリヂストンのタイヤ。

レグノGRV2は、ブリヂストンの上級モデルです。

車が好きな方なら、「レグノ」というブランドを知っている方も多いと思います。
 

REGNO GRV2(レグノジーアールブィツー)

レクノは、コンフォートタイヤで、静粛性と乗り心地を高いバランスでミックスさせたタイヤです。

ブリヂストンのレグノには種類があり、レグノGR-X2がありますが、レグノGRV2はミニバン向けのタイヤになっているのが特徴。

レグノGRV2の発売は、2015年です。

 

レグノGRV2はどんなタイヤなの?

 
レグノGRV2のタイヤパターンは、左右非対称デザイン。

GRV2
引用:https://tire.bridgestone.co.jp/regno/gr-v2/

タイヤのインとアウトでデザインが大きく違います。
(イン側は、穴の空いたデザインです。)

タイヤのショルダーを強く、幅を持たせてミニバンのフラツキに対応。
 

それだけでなく、パターンノイズが少ない作りで、ロードノイズを吸収するシートも入っていて静粛性が高いタイヤの作りです。

 

<タイヤラベリング>
転がり抵抗:A-b
ウェットグリップ:A-b

レグノGRV2は、高い性能を持っているタイヤです。
 

レグノGRV2の特徴は、ミニバン用でふらつきを考慮しながら、静粛性、乗り心地を考えられたタイヤです。

レグノGRV2のサイズ

 
レグノGRV2のサイズは、15~20インチの設定。
 ※ミニバン専用
 

195/65R15 といった定番サイズから245/35R20 というインチアップサイズの20インチまであります。
 

20インチで静かなタイヤは少ないので、20インチの設定があるのは大きいです。

エスクァイア

セレナ、ノアなど多くの車が装着する195/65R15を中心にミニバンサイズがあります。

 

レグノGRV2がおすすめの人は?

 
レグノGRV2は、通常のタイヤよりも、ワンランク上のタイヤが欲しい方におすすめです。
 
逆に、価格は高めなので、格安タイヤを探している方には向かないです。
 

レグノGRV2は、メーカー希望小売価格の設定があります。
・245/35R20 95W XL:¥78,840
・245/40R19 98W XL:¥60,912
・225/45R18 95W XL:¥46,008

レグノGRV2の価格は高めで、値引きも少ない印象です。

 
レグノGRV2は、走りと快適性をウリにしているため、走りが好きな方やハンドリングを楽しみたい方に向いています。
 

インチアップをする方にもオススメ。

245/35R20 95W XLや245/40R19 98W XLなどエクストラロード規格のタイヤがあるため、インチアップにも向いています。
 

レグノGRV2は、インチアップしても快適性、静粛性を重視したい方にオススメのタイヤです。

 
いかがでしたか?
今回は、「ブリヂストン・レグノGRV2」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

ヨコマハタイヤのブルーアースGT(AE51)の特徴や良さは?

<ヨコハマタイヤ ブルーアースGT>
 

ブルーアースGT

 
日本のタイヤメーカーのヨコハマタイヤ。

BluEarth(ブルーアース)は、ヨコハマの定番モデルです。

そのBluEarthの新モデルが「BluEarth GT」です。

BluEarth-GT AE51
 

ブルーアースには、ブルーアースAというモデルがありますが、ブルーアースAは従来品として販売されています。

 
ブルーアースGTのタイヤパターンは、左右非対称デザイン。

BluEarth-GT AE51
引用:https://www.y-yokohama.com/

タイヤのINとOUTで剛性を変えて接地面をコントロールしています。
 

ブルーアースGTの特徴は、転がり抵抗が少なくて、ウェットのグリップも高いこと。
 

<ブルーアースGT>
・転がり抵抗はAA表記
・ウエットグリップもA表記
 

ウェットグリップAは最高グレードです。

転がり抵抗と相反するウェット性能が上がっています。
 

ブルーアースGTの発売は、2019年2月。
 

ブルーアースGTのサイズ

 
BluEarth-GT AE51のサイズは、14~19インチの設定

ek

155/65R14 といった軽自動車サイズから245/40R19というミニバン、プレミアムセダンサイズまで幅広いです。
 

コンパクトカーサイズもあります。
・175/65R15
・185/60R15
・195/65R15

幅広い車種に装着できるタイヤです。

 

ブルーアースGTがおすすめの人は?

 
通常のタイヤよりも、ワンランク上のタイヤが欲しい方におすすめです。

逆に、格安タイヤを探している方には向かないです。

走りを売りにしているため、走りが好きな方やハンドリングを楽しみたい方に向いています。
 

高速の安定性も高めのタイヤがブルーアースGTです。

乗り心地とハンドリングもいいので、インチアップタイヤとしてもいいです。

 
いかがでしたか?
今回は、「ヨコハマ・BluEarth-GT AE51」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

エクストラロードタイヤの空気圧は?インチアップ情報

<タイヤのエクストラロード(XL)規格>
 
タイヤのインチアップ時にはタイヤ選びも重要になります。

中でも、インチアップに大きく関わるのは、タイヤのエクストラロード(XL)規格があります。

今回は、タイヤのエクストラロード(XL)規格について分かりやすく紹介します。
 

エクストラロード(XL)規格って何?

「エクストラロード(XL)規格という言葉を聞いたことがありますか?」

 
エクストラロード規格を簡単に言うと、スタンダード規格よりも高い空気圧を入れることができるようにしたタイヤの規格です。

負荷できる荷重のことをロードインデックス(LI)といいます。

 
エクストラロード規格のタイヤは、内部の構造が強化されていて、タイヤの負荷できる荷重が大きいので、高い空気圧に耐えることが可能。

 
そのためエクストラロード規格のタイヤは、空気圧を高くすることで、負荷できる荷重が大きくなっています。
 

エクストラロード規格のタイヤには、このような表記がされています。

(例)
215/45R17 91W XL
 
こちらのタイヤのLI(ロードインデックス)は91です。

そのあとにXLと書かれているのがエクストラロード規格のタイヤです。
 

エクストラロード規格のタイヤは、空気圧で負荷できる荷重が変わります。

(例)
空気圧が2.0kPaの時455kg
空気圧が2.5kPaの時545kg
空気圧が2.9kPaの時615kg

このように、空気圧によって負荷能力が変化します。

 
エクストラロード規格のタイヤを装着する場合は、空気圧で負荷能力が変化することを理解しておく必要があります。

 
また、インチアップ時は、不可能力の高い、XL/RFD規格のタイヤを装着することが多いです。

インチアップ時はタイヤ空気圧に注意してください。

 

エクストラロードの空気圧は?

エクストラロード規格のタイヤは、通常のタイヤよりたくさん空気圧を入れても大丈夫なタイヤです。

ただし、ただ空気をたくさん入れればいいというわけではなく、状況により空気圧を高くできるタイヤ。
 

エクトラロード規格のタイヤは高めの空気圧に対応できますが、通常のタイヤでは、空気の圧力で破裂の危険性があります。
 (通常のタイヤは3.5kまでといわれます)

 
XL規格の破裂しにくいタイヤを着けて、通常より空気圧を高くして使います。

(インチアップの場合は、必要に応じて車両指定空気圧より高い空気圧を充填する必要があります。)

 
ただし、ロードインデックス毎に空気圧と最大負荷能力は決められており、この空気圧を超える設定にしても負荷能力は上がりません。

(空気を入れれば入れるほど負荷能力が上がるわけではありません。)
 

空気圧は、タイヤのカタログ値の負荷能力をもとに空気圧を決めるのがいいです。

(参考例)
ナンカン NS-2 165/40R17 75V XL

軽自動車で17インチのXLタイヤなら、空気圧2.8kg〜は入れた方がいいです。
 

また、引っぱりタイヤの場合は、もう少し高めに空気圧を入れた方がいいです。
 (3kPa〜)

■ 引っ張りタイヤとは、太いホイールに、本来のサイズより細めのタイヤを履かせ、タイヤのショルダーを寝かせる履き方のこと。

引っ張りタイヤは、車との干渉を減らしたり、カスタムしてツライチにする時に装着します。

ただし、サイズのあわない引っぱりタイヤは危険なので注意が必要です。
 

※XL規格タイヤの空気圧を知るには「JATMA 負荷能力対応表」を参考にするといいです。

 

エクストラロードの価格は?

 
エクストラロード規格のタイヤの価格はいくらなのでしょう?

 
エクストラロード規格のタイヤとスタンダードタイヤの価格を比較してみました。
 

現在、同じメーカーの同じ商品でXL規格とスタンダードタイヤの商品がなく、同一商品での価格比較は出来ませんでした。
 

エクストラロード規格のタイヤの価格は高そうですが、アジアンタイヤなどの輸入タイヤではエクストラロード規格のタイヤが多いです。
 

そのため、エクストラロード規格だから価格が高いわけではなく、アジアンタイヤは価格は安めのものが多いです。
 

タイヤの価格は、選ぶメーカーやブランドによって異なります。

国産メーカーの方が価格は高めですが、信頼感は高めですが、サイズによって国産メーカーは作っていないのでアジアンタイヤを選択することになるケースがあります。
 

車にあわせてタイヤを選んでください。

 
いかがでしたか?
今回は、「エクストラロードの空気圧」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

オートバックスのマックスラン・エバーロードってどんなタイヤ?

<タイヤの銘柄チェック>

タイヤ購入時に迷うのはどのタイヤを購入するのかという部分。

タイヤにはいろいろな種類があり、メーカーやブランド、価格も様々で性能も異なっていると思います。

その中でどのタイヤを選べばいいのか?

 

今回は、AUTOBACSのタイヤ 「マックスラン・エバーロード(Maxrun EVERROAD)」をチェックしてみました。

マックスラン・エバーロード

マックスラン・エバーロード

まず、マックスラン・エバーロードは、オートバックスの専売タイヤです。

プライベートブランドという言い方もします。

 

プライベート・ブランドとは、小売業者や流通業者によって企画販売される製品ブランドのこと。
簡単に言うと、オートバックスが企画して、タイヤメーカーに作ってもらったタイヤです。

オートバックスでのみ販売しているタイヤです。

エバーロードには、どんなサイズがあるの?

サイズは、13インチ~18インチまであります。

<タイヤサイズの例>
・155/65R13
・155/65R14
・165/70R14
・175/65R14
・185/65R15
・185/65R15
・215/60R15
・215/45R17
・225/45R18 etc

サイズは、純正のタイヤサイズが中心。

軽自動車やコンパクトカーのサイズが多めの印象です。

サイズのバリェーションもあるのでインチアップに使用も可能です。
※18インチ以上は設定がありません。

 

購入したのは、軽自動車用の155/65R14です。

なぜ、マックスランエバーロードを購入したのかと言うと、 在庫があって価格が安めで、まあ性能もそこそこだからです。

マックスランエバーロードの性能は?

一言でいえば、普通です。

タイヤの性能を素人が比較するのは難しいです。

常に、車に乗っている人で、感覚が敏感な人なら、すぐに分かりますが、性能をはかるのは難しいです。

優れたタイヤと比較すると、転がり音がする、グリップが頼りないとかと言う感じになりますが、特に問題ない普通のタイヤと言えます。

街乗りでは、特に問題を感じないです。

車に興味がない人が乗ったら、なにも感じないと思います。

減ったタイヤから新品に交換して、ハンドルが少し軽くなった気がする、柔らかくなった、ということを感じるレベルです。
 

<私が乗って感じたこと>
タイヤの作りのせいか、柔らかめの乗り心地。
タイヤのサイドが柔らかい感じがするので、フワフワした感じがあります。

タイヤのヨレがあるので、高速道路や飛ばす人は注意が必要。
空気圧を少し高めにした方がいいかもしれません。

マックスランエバーロードの良さは?

マックスランエバーロードのメリットは、低燃費性能とウェットグリップ性能

性能というよりは、ラベリング表示がされているというのがポイントです。

他のアジアンタイヤと呼ばれる輸入の低価格タイヤと違い、社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)公認のラベリング表示がされています。

マックスラン・エバーロードの表示

タイヤラベリング表示の部分で信頼性が高まっています。

<ラベリング表示>
・転がり抵抗:A
・ウェットグリップ性能:C

マックスランエバーロードのウェットグリップはC表示なので、それほど雨の日の性能が高いタイヤではありませんが、何のラベル表示もないタイヤよりは、はるかに信頼度が高いです。

転がり抵抗はA表示と、高めなので燃費向上に貢献するかもしれません。

転がり抵抗の最上級はAAAなので、標準的な転がり抵抗です。

 

<最後に>

マックスラン・エバーロードは、国産タイヤとしては低価格のタイヤです。

今回、購入した155/65R14のサイズで1本4000円ぐらいです。

タイヤサイズにより、価格は違いますが、国産タイヤと比較しても安めの価格なのが特徴です。

AUTOBACSのタイヤ 「マックスラン・エバーロード」を製造しているのは、住友ゴムです。

マックスランシリーズは、海外産のタイヤは嫌だけど、安い国内産のタイヤが欲しいという方には最適なブランドとなっています。