新型アトレーのインチアップサイズは?注意点は?

<アトレーのインチアップ情報>

「ホイール選びってかなり悩むんだよね・・・」という方は多いのではないでしょうか?

ホイールには、たくさんの種類があり、デザイン、サイズ、金額もバラバラ。

それだけでなく、どのサイズにするのか?

いったいどのサイズが装着できるのか?

悩む

「何を買ったらいいのかわからない・・・」という悩みに陥りがち。

この記事では、その悩みを少しでも解消できるように、アトレーのインチアップサイズをお見せしちゃいますね。

アトレー


引用元:https://www.daihatsu.co.jp

アトレーは、ダイハツの軽バンです。
 
<アトレーの型式>

  • 初代(1981年-1986年)
  • 2代目(1986年-1994年)
  • 3代目(1994年-1998年)
  • 4代目(1999年-2005年)
  • 5代目 S320G/S330G/S321G/S331G型(2005年-2021年)
  • 6代目 S700V/S700W/S710V/S710W型(2021年-)

 
このページでは、6代目アトレー(2021年-)について書いています。

アトレーのグレードは3種類

  • RS
  • X
  • デッキバン

 
<駆動方式>

  • FF
  • 4WD

アトレーの純正タイヤ・ホイールサイズ

12インチ車

  • 型式:3BD-S700V-ZBXZ
  • 年式:2021年12月~
  • タイヤサイズ:145/80R12 80/78N LT
  • ホイールサイズ:12×4J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:40

 
アトレーの純正サイズは12インチです。
全車12インチ(13インチの設定はありません。)
 
<タイヤサイズ>
145/80R12 80/78N LT(ISO表示)
 

通常の145/80R12とは違いますので注意してください。

145/80R12 80/78N LTの表示が必要です。(ライトトラック用タイヤ)

※アトレーは、バン扱いなのでライトトラック用タイヤを装着しています。
 
従来表示の145R12 6PRも装着可能です。
 

アトレーのナットサイズ

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

 
ナットの個数は1台分で16個です

アトレーのインチアップに関して

◆ タイヤの外径は変わらないようにする必要があります。

タイヤの外形が大きく変わると、車のスピードメーターに影響が出て危険ですし、車検も通りません。

(例 スピードメーター40km 実際の速度 50km)

タイヤの外形を大きくすると、このようになる可能性があります。
 

どんなサイズでも装着出来るわけではなく、装着出来るサイズはある程度限られます。

このページでは、なるべく純正に近い外形のサイズを紹介しています。
 

◆ 車体の干渉やはみ出しに注意してください。

ホイール幅やインセットによって、はみ出しや干渉が決まりますので、慎重に選んでください。

車高を落とすことで、はみ出しを回避しやすくなりますが、干渉に注意してください。
 

アトレーインチアップサイズ

アトレーのインチアップに関しては、いくつかの問題があります。

まず、アトレーは、純正タイヤが12インチで、LT(ライトトラック)のタイヤを装着しています。

そのため、タイヤの強度などの部分から、インチアップは難しいです。(車検など)

 
車検などを考えずに、単純にインチアップだけを考えるなら、記載するサイズになると思います。

※インチアップ時は、タイヤ外径を合わせる必要があるため、外径も合わせて記載しています。

13インチのサイズ

純正から1インチアップすると13インチです。

タイヤ外形は、純正タイヤの外形と近いサイズにする必要があります。

<13インチのサイズ>
155/65R13:タイヤ外径:531mm
145/80R12:タイヤ外径:536mm(純正)
 
あくまで参考サイズです。

14インチのサイズ

タイヤ外形は、純正タイヤの外形と近いサイズにする必要があります。

<14インチ>
155/55R14:タイヤ外径:526mm
165/55R14:タイヤ外径:537mm
145/80R12:タイヤ外径:536mm(純正)

 ※あくまで参考サイズです。
 

外形の差があると、スピードメーターの表示と実際の速度が異なります。

純正の外形より大きくすると、メーター表示の方が遅くなりますので危険です。
(例 実際のスピード50キロ、メーターの表示45キロなど)
 

アトレーのインチアップの注意点

アトレーは、強度の高いライトトラックタイヤLT系のタイヤを装着しています。
145/80R12 80/78N LT

145R12 6PRも装着可能
 

バンはタイヤの強度が必要なため、通常の乗用車のタイヤでは車検が通りません。

ロードインデックス(荷重指数)をクリアする必要がありますが、インチアップサイズでは強度が足りないため車検は通りません。

アトレーは、ライトトラックタイヤを装着しているため、インチアップに不向きです。

インチアップすると、純正のタイヤの強度が保てない可能性が高く、装着はNGになると思います。(車検に通らない)
 

また、ホイールもJWL-Tタイプの強度があるホイールが必要です。
 
アトレーは、バン扱い(軽トラックと同じ扱い)のため、普通乗用の軽自動車とは扱いが変わります。

※記載の装着可能サイズは、あくまで参考サイズです。

インチアップが出来ないわけではありませんが、車検に通らない可能性が高いため、自己責任でお願いします。
 

◆ ホイール・タイヤのはみ出しにも注意

ホイールの中心部分が突出しているホイールは、はみ出しの可能性があります。

ホイールはフェンダー内に入っていても、タイヤの側面部分のはみ出しにも注意が必要です。

 
いかがでしたか?
今回は、「アトレーのインチアップ」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

スポンサードリンク

この記事もオススメです!

コメントを残す