ホワイトホイールの選び方と種類「おすすめのホイールは?」

シルバーやピカピカのメッキホイールもいいですが、カラーホイールもあります。

カラーホイールでかっこいいのは、白いホイール。

ホワイトホイールは、車に軽量感を出したり、スポーティな足元を演出することができます。

うまく装着すると、車の魅力を引き出して、アッと驚くかっこいい車に仕上げることも可能です。

ここでは、ホワイトホイールの選び方とおすすめホイールを紹介します。

ホワイトのホイールの選び方

ホワイトホイール

ホイールを選ぶときは、どんな車にしたいのかをイメージして選ぶといいです。

サイズ、デザイン、カラーで車の印象が大きく変わります。
 

  • サイズ
  • デザイン
  • カラー

 
ホイールは大きければいいわけではないので、車のバランスを大事にして選ぶといいです。
 
デザインは、スポーティーにするか、ラグジュアリーにするか、クラッシック風にするのか。

装着した時のイメージを考えてホイールを選んでいくといいです。

サイズ選び

白いボディと白いホイール

ホワイトホイールに限らず、ホイールを選ぶときはサイズが重要です。

何インチのホイールを装着するのか、装着できるサイズを確認する必要があります。

車によって、ある程度装着できるサイズが決まっているので、確認してください。
 
インチアップして装着するのが多く、純正の1インチや2インチアップが定番です。

サイズをそのままで、ホイールのみを交換する方法もありです。
 
サイズの確認方法は別記事を参考にしてください。
⇒ ホイールの幅を測ってみました
⇒ ホイールのPCDで失敗しないために大事なこと

カラー選び

スポークホイール

ホワイトにもカラーがあります。

  • つやあり(光沢)
  • つやなし

 
ホワイトでも種類があり、オフホワイト、マットホワイトなどがあり、微妙な違いがあります
 
他には、リムにカラーが入っているコンビネーションタイプもあり、ホワイトポリッシュのホイールも増えています。
 

ホワイトは、いろいろなカラーに合わせやすく、原色のボデイとの相性もいいです。

ただし、シルバーボディに、ホワイトホイールは少しぼやける感じがありますので、注意が必要です。

ホワイトのホイールの種類

ホイールデザイン

ホワイトホイールには、種類があります。

通常のホイールと同じように、構造、素材、デザイン、カラーの種類があります。

ホイール構造

ホイールの構造は大きく3つに分かれます。

  • 1ピース
  • 2ピース
  • 3ピース

 
それぞれの構造に特徴があります。
 
■ 1ピース

  • 価格は安めでコスパがいいです。
  • 鍛造の軽量ホイールもあります。
  • デザインが豊富

 
■ 2ピース

  • リム部分とディスク部分の2つの部品に分かれます。
  • 細かいインセット設定が可能です。
  • バリエーションが豊富です。

 
■ 3ピース

  • アウターリムとインナーリムとディスクの3つ部品に分かれます。
  • 自由度が高いホイールです。
  • デザインに優れています。

 
価格重視なら「1ピースホイール」がおすすめ。

サイズ調整とデザイン、価格のバランスがいいのは「2ピースホイール」

カスタマイズ性を重視するなら「3ピースホイール」がおすすめです。

ホイールの製造方法

ホイールの工程

ホイールの製造方法があり、新技術も誕生しています。

一般的には2つに分かれます。

  • 鍛造(たんぞう)
  • 鋳造(ちゅうぞう)

 
鍛造は、アルミを高圧でプレスして製造。
鋳造は、溶かしたアルミを鋳型へ流し込み固める製造方法。
 

軽量のスポーツホイールを求める方は鍛造がおすすめです。

鋳造は、おしゃれでかっこいいもの、バリエーション豊富で、低価格でいろいろなデザインがあります。

最近では、スピニング製法と呼ばれる鋳造と鍛造のいいとこ取りをしたホイールもあります。

⇒ 鍛造ホイールのメーカーや特徴

素材

白いホイール

ホイールには素材の種類があります。

一般的なのは2種類です。

  • スチール
  • アルミニウム

 
一般的には「アルミニウム」がおすすめで、デザインの自由度が高く、スチールよりも軽いです。
 
スチールは、強度の高さとコスパに優れますが、デザインの自由度はありません。

純正のスチールを塗装して、ホワイトにする方法もあります。

 
超軽量のマグネシウムホイールもありますが、価格はかなり高いです。

マグネシウムホイールは、レース用や超高級スポーツカーに採用されていることもありますが、一般的ではありません。

デザイン

5穴

ホイールで重要なのはデザインです。

印象を大きく左右するのデザイン。

ホイールは、大きく4つのデザインに分かれます。

  • スポークタイプ
  • フィンタイプ
  • メッシュタイプ
  • ディッシュタイプ

 
スポーツ系をはじめ、あらゆる車に合うのが「スポークタイプ」です。

高級感を演出するなら「メッシュタイプ」がおすすめ。

「フィンタイプ」は、おしゃれな感じがあり、モダンな印象も出せます。

ホイールの存在感が高いのは「ディッシュタイプ」です。
 

いろいろなデザインがあるので、イメージにあったホイールを選択してください。
⇒ アルミホイールデザインの選び方と種類の一覧

ホワイトホイールのメリットとデメリット

ホワイトホイール装着のメリットとデメリットもあります。

ここでは、メリットとデメリットを紹介します。

ホワイトホイールのメリット

赤に白いホイール

ホワイトホイールのメリットはたくさんあります。

  • 大きく見えて、インパクトがある
  • 迫力ができる
  • モダンな雰囲気が出る
  • スポーティででクール

 
ホワイトホイールは足元に軽さが出て、早そうな印象の車になります。

スポーティでアクティブな印象もあります。
 
ホワイトホイールは、黒いボディや白いボディ、赤いボディの車との相性も良く、いろいろなカラーとのマッチングを楽しめます。

ホワイトホイールのデメリット

イエローボディ×ホワイトホイール

ホワイトホイールのデメリットもあります。

  • 汚れが目立つ
  • 高級感が出にくい
  • ブレーキダストが目立つ
  • いい状態を保つには、洗車が必要
  • ガリ傷が目立つ

 
一番のデメリットは、汚れが目立つことです。

洗車が好きな方ならいいですが、いい状態を保つには、定期的に洗車が必要です。
 
ホイールにコーティングをして、汚れを落としやすくするのもいいです。

おすすめのホワイトホイールのメーカー

今までにたくさんのホイールを見てきました。

その中で印象的なホワイトホイールがあるメーカーを紹介します。

WORK

WORK

超がつくほど有名な王道ホイールメーカーです。

20インチホイールなどの大口径は迫力満点です。

WORKは、カラーのカスタムができるホイールが多く、ホワイトホイールもたくさんあります。

RAYS

スポーツカーにも人気の高いRAYS

走行性能を高めるなら重量が軽い鍛造がおすすめ。

有名なのはTE37やグラムライツシリーズなど、レースに使われるホイールがあります。

スポーツ系以外にも様々なラインナップがあり、ラグジュアリー系にもおすすめです。

ENKEI エンケイ

エンケイ

エンケイは、世界的にも有名なホイールメーカーです。

自動車用アルミホイールを中心に事業を行い、F-1のホイールデザインのRPF1などは定番の商品です。

レースでも有名で、ホワイトホイールもあります。

その他のメーカー

ホワイトホイールを作っているメーカーはたくさんあります。

メーカーやブランドにこだわらず、自分がいいなと思うデザインのホイールを選ぶといいです。

ある程度どのようなデザインのものがあるかを見てから絞り込んでいくのベストです。
 
楽天
⇒ 人気 ホワイトホイール 
 
ヤフーショッピング
⇒ 人気 ホワイトホイール

まとめ

ホワイトホイールは足元が引き締まり、車に重厚感をもたらしてくれます。

軽自動車から大型SUVまで幅広い車種に人気があります。
 
引き締まった足元を演出する黒のホイール。

高級感が出て、車の印象が大きく変わるのがブラックホイールの特徴。

ホイールを交換することで、愛車をドレスアップ、イメチェンすることができます。
 

SUV、セダン、ミニバン、Kカーなどいろいろな車がありますが、どの車にも比較的相性がいいです。

気に入ったデザインのホイールを探して、かっこいい車にしてください。
 
【その他のカラー】
ブラックホイール
メッキホイール

 
車のボディとホイールカラーの相性は、こちらの記事を参考にしてください。
⇒ 黒い車に合うホイール
⇒ 白い車に合うホイール
⇒ シルバーの車に合うホイール
⇒ 赤いボディの車
⇒ 青いボディの車
⇒ 黄色いボディの車

スポンサードリンク

この記事もオススメです!

コメントを残す