【ライズの16インチタイヤ】ワイルド感が出せるTOYOオープンカントリー A/T EX

ライズ

「ライズにおすすめの16インチタイヤは?」

ライズはSUV系なので、ワイルドに仕上げるのもクールです。
 
タイヤをゴツゴツしたものにすると、車に一気にワイルド感が出てきます。

ライズのSUV感を活かすには、このタイヤがおすすめ!

サイズ選択の難しいライズのタイヤ設定もあります

ライズ


引用:https://toyota.jp/raize/

ライズ(RAIZE)は、トヨタの5ナンバーサイズのコンパクトSUV。

※ロッキーは、ダイハツのOEM車で、ダイハツ名はロッキーです。
 
ライズの型式:A200S/210S型(2019年 – )
エンジン:直3DOHCターボ

 
<駆動方式>

  • FF
  • 4WD

 
<ライズのグレード>

  • Z
  • X
  • G
  • S

 
タイヤは16インチ車と17インチ車があり、上級モデルが17インチを装着しています。

ライズの純正タイヤ・ホイールサイズ

ライズ

16インチのサイズ

  • 型式:5BA-A200S
  • 年式:2019年11月~
  • タイヤサイズ:195/65R16
  • ホイールサイズ:16×6J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:40

※ライズは、純正16インチ(195/65R16)を装着しています。
 

ライズのナットサイズ

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

社外品ホイールを装着する際にはテーパーナットが必要です。
テーパーナット
 

TOYOタイヤのオープンカントリーはどんなタイヤ?


引用:https://www.toyotires.jp/product/opatex/

トーヨータイヤのSUVブランドタイヤが「オープンカントリー」(OPEN COUNTRY) です。

OPEN COUNTRY A/T EX(オープンカントリー・エーティーイーエックス)
 
OPEN COUNTRY A/T EXは、オフロード性能だけでなく、街乗り、高速道路の走行性能を考えて作られたタイヤです。
 
見た目はゴツゴツ感もありますが、静粛性もあるので普乗りにもおすすめです。
 
オープンカントリー・エーティーイーエックスは、非対称パターンを採用。

タイヤのサイドはホワイトレーター仕様で、TOYOTIRE OPEN COUNTRY A/T EXと書かれています。
 
オープンカントリーは、オールテレインタイヤです。
 
オールテレーンタイヤは、M+Sの表記があり、ちょっとした雪道も走行可能です。

  • MはMAD(泥)です。
  • SはSNOW(雪)です。

 

OPEN COUNTRY A/T EXのタイヤサイズは4タイプあります。

  • 235/60R18 103H
  • 225/65R17 102H
  • 215/70R16 100H
  • 195/65R16 92H

 
OPEN COUNTRY A/T EXは、ライズの16インチのサイズ設定もあります。
 

195/65R16 92H
タイヤ外径:660mm  
適用リム幅(インチ)5.5J~7J

※195/65R16は、2021年7月の発売予定です。
 

【ライズのホイール購入の流れ】

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • タイヤの銘柄、ホイールを選択
  • ホイールセットの適合を確認
  • ナットを選択(必要な場合)

 

ライズのインチアップに関して

◆ タイヤの外径は変わらないようにする必要があります。

外形が大きく変わると、車のスピードメーターに影響が出て危険です。
サイズが大きく変わると車検も通りません。

(例 スピードメーター40km 実際の速度 50km)

タイヤの外形を大きくすると、このようになる可能性があります。
 

インチアップ時には、タイヤの外形や荷重指数を考慮する必要があり、タイヤの空気圧にも注意が必要です。
 
どんなサイズでも装着出来るわけではなく、装着出来るサイズはある程度限られます。

「インチアップサイズ情報」では、なるべく純正に近い外形のサイズを紹介しています。
 

◆ 車体の干渉やはみ出しに注意してください。

ホイール幅やインセットによって、はみ出しや干渉が決まりますので、慎重に選んでください。
 
「ホイール幅」「インセット」の数字でホイールの位置が決まります。

2つの数値は重要で、間違えると、はみ出しや干渉につながるため注意が必要。
 
ホイールははみ出さなくても、タイヤのサイドのふくらみの部分が、はみ出す可能性があります。

(車高を落とし過ぎるとフロント・リア共、フェンダーとの干渉の可能性が増えます。)
 
車高を落とすことで、はみ出しを回避しやすくなりますが、干渉しやすくなります。

 
車の個体差により、クリアランスが異なりますので注意してください。

ライズのインチアップサイズ

ライズ

ライズはインチアップが可能ですが、TOYO OPEN COUNTRY A/T EXの17インチのライズ適合サイズはありません。
 

【ライズのインチアップサイズ情報】

ライズの適合サイズ
16インチ 純正サイズ
17インチ
18インチ ○ モデリスタのサイズ
19インチ × 要カスタム

 
ライスの17インチはこちら
⇒ 17インチのサイズは?
 
ライズの18インチはこちら
⇒ 18インチは装着できるの?サイズは?

ホイールのカラー

ホイール

インチアップ時のホイールを選ぶ際には、ホイールデザインと合わせて、カラーも重要です。

車のボディカラーの定番は、「ホワイト」、「ブラック」、「シルバー」です。

無難に合わせやすいのは、シルバーのホイール。

純正ホイールの多くはシルバーを使用しています。
 

シルバー系の中でも、表面が磨かれているポリッシュタイプは高級感が出るのでオススメです。

ブラックポリッシュ

最近ではブラックとポリッシュを組み合わせた、ブラックポリッシュも人気です。

純正ホイールでもブラックポリッシュが増えています。

 
車のボディとホイールカラーの相性は、こちらの記事を参考にしてください。
⇒ 黒い車に合うホイール
⇒ 白い車に合うホイール
⇒ シルバーの車に合うホイール
 

スポンサードリンク

この記事もオススメです!

コメントを残す