ホイールのPCDで失敗しないために大事なこと【インチアップホイール選び】

「ホイールのPCDを知っていますか?」

ホイールを選ぶときに重要になるPCD。

PCD(ピーシーディ)って一体なんなのか?

インチアップ時に重要なホイールのPCDの疑問に答えます。

ホイールのPCD

ホイールサイズ

PCDは、ホイールのボルト穴の中心線を結んだ時にできる円の直径のこと。
 
PCDはPitch Circle Diameter(ピッチサークル・ダイアメーター)の略で一般的には、PCD(ピーシーディ)と呼ばれます。

車のホイールは、PCDが合わないと装着できません。

PCDが異なるホイールは装着ができないため、インチアップしてホイールを変える時にはPCDが重要です。

※ホイールは、PCDだけではなく、ホール数とPCDが合わないとホイールは装着できません。

ホール数

ホイールを交換するときは、ホール数とPCDをセットで考える必要があります。

車のホイールを交換するときは、交換するホイールのPCDと車のPCDが一致していないと装着できません。

(例)

  • 4H(4穴)でPCDが100の車は、4H、PCD 100のホイールを選ぶ必要があります。
  • 5H(5穴)でPCDが100の車は、5H、PCD 100のホイールを選ぶ必要があります。

ホイール選びの際は、ホール数とPCDの確認を行ってください。

ホイールのPCDの種類は?

ホイールの展示

PCDは、車のメーカーや車種によって異なります。

国産車の中でも何種類かあり、輸入車を合わせるとかなりの種類があります。

 
国産車で多いのは、4H100、5H114.3です。
 
逆に、少なめなのは、5H100でトヨタの86プリウス、スバル・インプレッサなどがあります。
 
最近では、ほとんど見かけなくなりましたが、古い国産車だと4H 114.3もあります(ハチロク、S13シルビアなど)
 

<PCDの種類>

【5穴ホイール】
5穴

5HホイールのPCDは以下のようなものがあります。

  • 5H/100
  • 5H/108(ボルボ、プジョー、シトロエン)
  • 5H/112(VW、アウディ、BMW、ベンツ)
  • 5H/114.3
  • 5H/120(BMW)
  • 5H/130(ポルシェ)
  • 5H/139.7(ジムニー
  • 5H/150(ランクル

 
【4穴ホイール】
4穴

4HホイールのPCDは以下のようなものがあります。

 
【6穴ホイール】
6穴

6H/139.7(4×4系)

国産車や輸入車を含めるとこのようなサイズになります。
 
国産車であれば、5穴114.3、4穴100、5穴100が主流です。

四駆系の車は、6H139.7、5H139.7といったホイールになります。

※記載以外のPCDもありますので、すべてではありません。

メーカーごとのホイールのPCD

車種やメーカーによってある程度のPCD、ホール数は絞れます。

軽自動車は、ほとんどが4H/100のサイズです。

コンパクトカーも4H/100が多いです。
 

エンジンパワーがあるスポーツ系や車重のあるミニバン系は5H/114.3が多いです。

スバルは、5H/100が使われていることが多いです。

  • メルセデスベンツはほとんんどが5H/112です。
  • ポルシェは5H/130です。
  • BMWは5H/120,5H/112です。
  • プジョーは4H/108、5H/108です
  • VW、アウディは5H/112です。コンパクト系は5H/100です。

PCDの注意が必要な車

カローラスポーツ19インチ

トヨタ・カローラスポーツは5H/100です。(現行型カローラ)

スバル・BRZとトヨタ・86は5H/100

スバル・レヴォーグは5H/114.3です。

トヨタ・プリウスは5H/100。
プリウスアルファは5H/114.3です。

プリウスα

レクサスCTは5H/100です。

レクサスLSは5H/120です。

同じ車種でも、年式やグレードによってはホール数の変化、PCDの変化があります。

例えば、ホンダ・フリード。

  • フリード 2016 1.5H (DAA-GP3):4H/100
  • フリード 2016 1.5H (DAA-GB8):5H/114.3

このような車は、ホイール購入時に特に注意してください。

インチアップ時の際は、よく確認してからホイールを購入してください。

スポンサードリンク

この記事もオススメです!

コメントを残す