新型タフトのタイヤサイズは?15/16/17インチのインチアップを紹介!

タフト

ダイハツ・タフトが2020年6月に発売しました。

タフトは、人気上昇中のクロスオーバーSUV車です。

  • タフトの純正タイヤサイズは?
  • インチアップはできるの?
  • どのようなサイズが装着できるの?

車業界で10年働いた経験をもとに、タフトのインチアップサイズの疑問に答えます。

目次

タフト

タフト

TAFT(タフト)は、ダイハツの軽自動車でクロスオーバーSUV車。

スクエアデザインで、全高は低めに作られています。

こちらの記事では、2020年6月に発売された「新型タフト」について書いています。

タフトの後方

<タフトのグレード>

  • Gターボ
  • G
  • X

タフトのエンジンは、直3 DOHCでNAとターボがあります。
 
駆動方式は、FFと4WD。

タフトの純正サイズ

タフトのリア

タフトの純正タイヤ・ホイールのサイズです。

15インチのサイズ

  • 型式:6BA-LA900S
  • 年式:2020年6月~
  • タイヤサイズ:165/65R15
  • ホイールサイズ:15×4.5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:45

タフトは、全グレード15インチを装着しています。
 
15インチのホイールセットの購入したい方はこちら
タフトに15インチのホイールセットを購入する方法。
 
オートサロンの展示車両は、15インチのWORK製アルミホイールを装着。

タイヤは、グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクター フォーシーズンズ」を装着していました。

タフトのタイヤ

展示車両が装着していたタイヤサイズ:175/65R15

175/65R15は、通常コンパクトカーが装着するサイズです。

少し大きめのサイズのせいか、サイドステップとタイヤの隙間が狭めでした。

<タイヤ外形比較>

  • 175/65R15:608mm
  • 165/65R15:595mm(純正)

実際のタフトのサイズは、165/65R15です。

175/65R15装着はタイヤ外径が少し大きくなり、はみ出しのリスクも増えますので自己責任になります。

ネット通販でも175/65R15のタフト対応のホイールセットを販売し、リフトアップ向けです。

タフトの純正ホイールは、アルミのシルバー、ガンメタとホワイトのスチールホイールがアクセサリーパーツの設定あり。

タフトのホイールナットサイズ

ナットサイズ

タフトのホイールナットのサイズは、通常のダイハツの軽自動車のホイールナットサイズと同じです。

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

【ナットサイズの詳細】
M12:ネジの直径(ボルト径)
P1.5:ネジの山と山の間の距離(ピッチ)
21HEX:頭の六角の2面幅
 
タフトのホイールナットは、1台分で16個です。

タフトのインチアップサイズ

タフトは、全グレード15インチを装着しています。

タフトの適合サイズ
15インチ165/65R15
16インチ
17インチ
○は装着可能サイズ。△は注意が必要です。

タフトのリアには、電動パーキングブレーキシステムがリアに取り付けられているため、サイズダウンをするとホイールが干渉してしまう可能性が高いです。

インチアップの際もクリアランスに注意してください。

インチアップのホイールセット購入方法

インチアップのホイールセット

インチアップをすると、クルマの見た目や走行性能を向上できます。

タフトをインチアップしてホイールを購入する時は、以下のような流れになります。

STEP
タイヤサイズを決める

純正サイズを参考にサイズを決めます。

STEP
ホイールサイズを決める

装着可能なホイールサイズを選択します。

STEP
タイヤの銘柄、ホイールを選択

タイヤのメーカー、ホイールデザインを決定します。

STEP
ホイールセットの適合を確認

年式、型式、グレードを確認します。

STEP
ナットを選択

必要な場合はナットも購入します。

STEP
タイヤの交換・取り付け

確実に取り付けを行います。

インチアップをする時は、新しいタイヤサイズに合わせたホイールの選定が必要です。

このページでは、インチアップする時の参考サイズを紹介していますので、参考にしてください。

タイヤ・ホイールは、車検にもかかわる部分なので、規定を超えない範囲でインチアップしてください。

タフトをインチアップする時の注意点

ホイールセット購入時には、サイズには注意する必要があります。

タイヤサイズ、ホイールサイズを確認してください。

サイズによっては、はみ出したり、干渉する場合もありますので、適合車種にタフトの記載があるかを確認した方がいいです。

 
◆ タイヤの外径は変わらないようにする必要があります。

外形が大きく変わると、車のスピードメーターに影響が出て危険ですし、車検も通りません。

(例 スピードメーター40km 実際の速度 50km)

タイヤの外形を大きくすると、このようになる可能性があります。
 

どんなサイズでも装着出来るわけではなく、装着出来るサイズはある程度限られます。

このページでは、なるべく純正に近い外形のサイズを紹介しています。
 

◆ 車体の干渉やはみ出しに注意してください。

ホイール幅やインセットによって、はみ出しや干渉が決まりますので、慎重に選んでください。

車高を落とすと、はみ出しを回避しやすくなりますが、干渉に注意してください。

タフトの16インチのサイズ

16インチのサイズ

タフトの16インチの参考サイズです。

インチアップサイズは、純正のタイヤ外径サイズをベースにした16インチの参考サイズです。
 
タイヤサイズ
165/60R16
 
<16インチのホイールサイズ例>

  • 16×5.5J(5J)
  • ホール数:4H
  • PCD:100
  • インセット:45

タフトの16インチのタイヤ外径

インチアップ

タフトをインチアップする時は、タイヤ外径を合わせる必要があります。

16インチは以下のようなサイズがあります。

タイヤ外径比較
  • 165/65R15: 595mm(純正)
  • 165/60R16: 595mm
  • 165/55R16: 587mm
  • 165/50R16: 571mm
  • 175/60R16: 616mm

 16インチのタイヤ外径を比較すると、タイヤ外形は165/60R16が近いです。

ただし、165/60R16のタイヤは少なめです。

175/60R16はタイヤ外径が大きくなり、リフトアップ車向けです。
 
※タイヤ外径サイズは、あくまで計算上の参考値です。

16インチの注意点

4穴

16インチホイールを選ぶ際に最も重要なのは、車とのバランスです。

ホイールが大きくなると、タイヤの厚みが薄くなり、乗り心地やハンドリングに影響を与えます。

低い扁平率のタイヤは、コーナリング時の安定性を高める効果がありますが、路面からの衝撃を直接受けやすくなるため、柔らかい乗り心地を好むドライバーには適さない場合もあります。

燃費の悪化といったデメリットも考慮する必要があります。

さらに、16インチホイールの選択には、オフセットやホイールの幅も考慮してサイズを選んでください。

タフトの16インチホイールセット

ホイールは通常の軽自動車の16インチホイール(5J)が装着できます。

ネット通販でもタフトのホイールセットが販売されていますので、適合確認を行って装着可能なホイールセットを購入してください。

楽天
⇒ タフト 16インチ ホイールセット
 

ヤフーショッピング
⇒ タフト 16インチ ホイールセット

タフトの17インチのサイズ

17インチのサイズ

タフトの17インチを装着したい方向けの参考サイズです。

はみ出し、干渉、ロードインデックスなどにより車検NGの可能性があります。

インチアップサイズは、純正のタイヤ外径サイズをベースにした17インチの参考サイズです。
 
タイヤサイズ
165/45R17
 
<ホイールサイズ>

  • 17×5.5J(5J)
  • ホール数:4H
  • PCD:100
  • インセット:45

タフトの17インチのタイヤ外径

タフトをインチアップする時は、タイヤ外径を合わせる必要があります。

17インチは以下のようなサイズがあります。

タイヤ外径比較
  • 165/65R15: 595mm(純正)
  • 165/45R17: 580mm

【165/45R17のタイヤ外径の計算例】
165mm(タイヤの断面幅)×0.45(偏平率)×2+17(リム径)×25.4(インチ)=580.3mm

16インチのタイヤ外径を比較すると、タイヤ外形は165/45R17が近いですが、純正よりも小さくなります。

車体とタイヤの隙間がふふえるため、ローダウンをするといいかもしれません。
 
※タイヤ外径サイズは、あくまで計算上の参考値です。

タフトの17インチホイールセット

タフトに17インチの装着は一般向けな選択肢ではなく、ネット通販でタフト用の17インチホイールセットはありませんでした。

車検の問題もあるため、確認時には、ホイールセットの販売はありませんでした。

購入する時は、適合確認を行って装着可能なホイールを購入してください。

タフトにおすすめのホイールブランド

タフトのカスタマイズにおいて、選ぶホイールのブランドは車の性能や外観に大きく影響します。

ここでは、タフトにぴったり合うおすすめのホイールブランドを紹介します。

おすすめのホイールは、それは人それぞれの好みがあるため、一概には言えませんが、一般的に評価が高く、人気のホイールを選ぶと、失敗が少ないです。

これらのブランドは、品質、デザイン、性能のバランスが取れており、タフトの魅力をさらに引き出せます。

HOT STUFF

https://www.hotstuff-cp.co.jp/product/mad-cross-grace/

HOT STUFFのMAD CROSS GRACE

8つの穴が空いたホールディスクのデザインが新鮮で、ワイルドな雰囲気もでます。

タフトに適合するサイズの設定もあります。

MLJ

https://www.mljinc.co.jp/product/xtreme-j/xj04/

こちらのホイールは、MLJのXTREME-JXJ04というモデル。

 クロススポークデザインでクロスオーバー系のホイールです。

タフトの特徴を際立たせるデザインです。

BADX

http://www.badx.jp/loxarny/battleship4/index.html

BADX(バドックス)のホイールです。

ロクサーニ バトルシップ4は、8本スポークでオフロードテイストも持っています。

SUV系のタフトとも相性のいいデザインでカラー、カラーバリエーションもあるので、個性を発揮できます。

これらのブランドから選ぶ際には、車の用途や好みのスタイル、予算を考慮することが重要です。

ホイールのサイズや仕様がタフトと適合するかも確認してください。

適切なホイールを選ぶと、タフトの魅力を最大限に引き出せます。

ホイールデザインやカラーの選び方はこちらの記事を参考にしてください。
車のアルミホイールデザインの選び方と種類

まとめ

今回は、タフトのインチアップサイズを紹介しました。

タフトは純正で15インチを装着しています。

タフトの適合サイズ
15インチ165/65R15
16インチ
17インチ
○は装着可能サイズ。△は注意が必要です。

タフトをインチアップをして16インチを装着できます。

車検対応のサイズ選びもポイントで、過度のインチアップは避けてください。

15インチのゴツゴツしたタイヤ(マッドタイヤ)を装着して、ワイルドに仕上げる方も多いです。
タフトにゴツゴツしたタイヤを装着する方法

タフトのタイヤ・ホイール選びの参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自動車業界で10年のキャリアを積んだ後、自動車関連のWEBライターとして活動しています。特にスポーツカーが好きで、多岐にわたるモデルを経験してきました。これまでに1500本以上の記事を執筆し、専門知識をもとに読者に有益な情報を提供しています。タイヤ・ホイールの選び方から購入方法まで、実践的なアドバイスをお届けします。

コメント

コメントする

目次