ロードスター(NA6C/8C)のインチアップサイズ。15/16インチ

マツダ(MAZDA)ロードスターのインチアップ情報

「ホイール選びっていつも悩むんだよね・・・」という方は多いのではないでしょうか?

悩む

ホイールには、たくさんの種類があり、デザイン、サイズ、金額もバラバラ。
 

それだけでなく、どのサイズにするのか?

いったいどのサイズが装着できるのか?
 

「何を買ったらいいのかわからない・・・」という悩みに陥りがち。

この記事では、その悩みを少しでも解消できるように、ロードスターのインチアップサイズをお見せしちゃいますね。
 

ロードスター

ロードスターは、マツダ自動車のスポーツカーです。

<ロードスターの歴史>
・初代 NA系(1989年-1997年)
2代目 NB系(1998年-2005年)
3代目 NC系(2005年-2015年)
4代目 ND系(2015年-)

ここでは、初代 ロードスターNA系(1989年-)について書いています。

ロードスターNA系
発売:1989年
型式:NA6CE/NA8C型

ボディタイプ:2ドアオープン
(二人乗りです)
 

駆動方式は後輪駆動(FR)

排気量:1600cc 直列4気筒DOHC

マイナーチェンジにより、1800ccモデルもあります。
 

グレード ベース
駆動方式 FR
全長×全幅×全高 3970×1675×1235
ホイールベース 2265mm
エンジン 直4DOHC
排気量 1597㏄
最高出力 88KW/6500rpm
最大トルク 137.3N.m/5500rpm
WLTCモード燃費 12.2km/L
ガソリン レギュラー

 

ロードスターのタイヤサイズ

14インチ車

  • 型式:NA6C
  • 年式:1990年7月~
  • タイヤサイズ:185/60R14
  • ホイールサイズ:14×6J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:40

 

ロードスターのナットサイズ

 
ホイールナットのサイズ

M12×1.5
21HEX(21ミリ)

 

ロードスターのインチアップに関して

 
◆ タイヤの外径は変わらないようにする必要があります。

外形が大きく変わると、車のスピードメーターに影響が出て危険ですし、車検も通りません。

(例 スピードメーター40km 実際の速度 50km)

タイヤの外形を大きくすると、このようになる可能性があります。
 

どんなサイズでも装着出来るわけではなく、装着出来るサイズはある程度限られます。

こちらのページでは、なるべく純正に近い外形のサイズを紹介しています。

 

◆ 車体の干渉やはみ出しに注意してください。

ホイール幅やインセットによって、はみ出しや干渉が決まりますので、慎重に選んでください。

車高を落とすことで、はみ出しを回避しやすくなりますが、干渉に注意してください。

 

ロードスターのインチアップサイズ


 

<15インチのタイヤサイズ>
195/50R15

<タイヤ外径>
185/60R14:577mm
195/50R15:576mm
 
<15インチのホイールサイズ>
15×6J

ホール数:4H
PCD:100
インセット:38

 
※あくまで参考サイズです。

 

<16インチのタイヤサイズ>
195/45R16
 

<タイヤ外径>
185/60R14:577mm
195/45R16:581mm

 

<16インチのホイールサイズ>
16×6.5J
 (7J)

ホール数:4H
PCD:100
インセット:38

 
※あくまで参考サイズです。

 

はみ出し、干渉の可能性などがありますので、装着時には注意してください。
 

車高を落とし過ぎるとフロント・リア共、フェンダーとの干渉の可能性が増えますので、気をつけてください。
 

走り重視の方だと、16インチは重くなり軽快感がなくなりますので注意が必要。

鍛造ホイールの装着もいいですが、鍛造ホイールは金額が高めです。
 

ホイールを変えると、車のイメージがグッと変わりますよ!

 

いかがでしたか?
今回は、「マツダ・ロードスター」のインチアップサイズを紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す