ビートのインチアップサイズは?フロント14、リア15インチ

<ホンダ・ビートのインチアップ情報>
 
ビート PP1型
14/15インチ

 

ビート

 
ビートは、ホンダの軽自動車です。
 
2ドアオープン
ミッドシップエンジンの後輪駆動
 
<ビートの型式>
初代 PP型(1991-1996年)

 

こちらのページは、「ビート PP1型」のインチアップ情報です。

 

グレード ベースグレード
全長×全幅×全高 3295×1395×1175
ホイールベース 2280mm
車両重量 760kg
エンジン 直列3気筒SOHC
総排気量 656cc
最大出力 47kW/8100rpm
最大トルク 59.8N・m/7000rpm
JC08モード燃費 17.2km/L
ガソリン レギュラー

ビートの純正サイズ

 
ホイールの注意点として、前後でサイズが違います。

  • 型式:E-PP1
  • 年式:1991年5月~
  • タイヤサイズ:155/65R13
  • タイヤサイズ:165/60R14
  • ホイールサイズ:13×4.5J
  • ホイールサイズ:14×5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:35
  • インセット:45

 

ビートのナットサイズ

 
ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 19HEX(19ミリ)

社外品ホイール装着時は、別途ナットが必要です。
⇒ ホンダ車のナットに関して
 

ビートのインチアップに関して

 
◆ タイヤの外径は変わらないようにする必要があります。

外形が大きく変わると、車のスピードメーターに影響が出て危険ですし、車検も通りません。

(例 スピードメーター40km 実際の速度 50km)

タイヤの外形を大きくすると、このようになる可能性があります。
 

どんなサイズでも装着出来るわけではなく、装着出来るサイズはある程度限られます。

こちらのページでは、なるべく純正に近い外形のサイズを紹介しています。

 

◆ 車体の干渉やはみ出しに注意してください。

ホイール幅やインセットによって、はみ出しや干渉が決まりますので、慎重に選んでください。

車高を落とすことで、はみ出しを回避しやすくなりますが、干渉に注意してください。

 

ビートのインチアップ

ビートは、インチアップも可能です。
 
フロント13インチ ⇒ フロント14インチ
リア14インチ ⇒ リア15インチ
 

フロント14インチ、リア15インチのサイズ

  • 型式:E-PP1
  • 年式:1998年9月~
  • タイヤサイズ:165/60R14
  • タイヤサイズ:185/55R15
  • ホイールサイズ:14×5J
  • ホイールサイズ:15×6J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:35
  • インセット:40

<タイヤの外径>
155/65R13のタイヤ外径:531mm
165/60R14のタイヤ外径:553mm

 

サイズによっては、はみ出し、干渉の可能性もありますので、装着時には注意してください。

※ビートのフェンダーのクリアランスは狭いです。
 

また、ミッドシップ車で前後のバランスが重要です。

サイズによっては非常に乗りにくい車になってしまうので注意してください。
 

いかがでしたか?
今回は、「ビートのインチアップ」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考にしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す