トヨタ車用のナットの選び方!社外品ホイールのテーパーナット

<トヨタ車用のナットの選び方>

テーパーナット

トヨタ車で純正ホイールを装着している車が、
社外品のホイールを装着する際には、テーパーナットが必要になります。

テーパーナットは、
このようなナットです。

テーパーは先細りになっていることをいいます。
先端部分が平らではなく、先細りになっています。
 

ホイールのテーパー面(ナットとホイールの当たる部分)が
純正ホイールと社外品のホイールでは違い、ナットの形状も違います。

そのため、
社外品ホイールを購入した際には、
テーパーナットを購入する必要が出てきます。

インチアップのホイール購入時には、
忘れずに用意してください。

 

ナットの形状に関して

純正ホイールは、
純正のナットを使用しないと装着できません。

純正のナットを社外品のホイールに使用することもできません。

トヨタ純正ナットの形状(平面座タイプ)
トヨタ純正ナット

ホイールセットを購入した際には、
社外品のナット(テーパーナット)も購入しなければいけません。

取付けナットには、
60°テーパー座・球面座・平面座などの種類があります。

社外品ホイールに使用するのは60度テーパータイプです。

トヨタ純正ホイールは、平面座タイプです。

 

ナットの個数

個数にも注意が必要です。

トヨタ車では、ホイールのホール数が
・4H(4穴)
・5H(5穴)
・6H(6穴)
と3種類あります。

ホール数により、
ホイールのナットの数も変わります。

1台分のナット数は、
4Hは、4×4=16個
5Hは、5×4=20個
6Hは、6×4=24個

個数を間違えないように注意してください。

 

ナットのサイズに関して

ナットにはネジピッチ・サイズ・HEXがあります。

トヨタ車:21HEX

トヨタ車のネジピッチ・サイズはM12×1.5というサイズです。

ネジピッチサイズが違うと装着できませんので、
間違えないようにしてください。

ちがったサイズを無理にはめ込むと、
ボルトやナットを損傷しますので注意してください。

 
ネジピッチ・サイズは、カーメーカーにより違います。

(例)
日産:M12×1.25   21HEX
ホンダ:M12×1.5   19HEX
スバル:M12×1.25  19HEX

注意点として、OEM社は違う場合があります。
「86」はトヨタでもM12×1.5ではありません。スバルのBRZがベースです。

ナットサイズは、M12×1.25になります。

これは、ベースがスバルのため、
ボルトナットもスバルサイズのM12×1.25となっています。

中にはこのようなクルマもありますので、
注意が必要ですが、基本的にはM12×1.5となります。

(当サイトでは、ナットサイズも表示しておりますので、参考にしてください)

 

ホイールナットの種類

社外品ナットには2種類あります。
・袋ナット
・貫通ナット

ホイールの形状によりどちらを使用するかが変わってきますが、
最近では、袋ナットを使用するパターンが多いです。

また、袋ナットでも、
ショートタイプと呼ばれる長さの短いものもあります。

ショートナット
ショートタイプ

ショートタイプは、
などで使われることが多いです。

普通車は通常のナットで問題ありません。

 

ホイールナットの素材

素材についても少しだけ触れておきます。

ナットの素材は、
• スチール
• ジュラルミン
• クロモリなどがあります

通常使用するのはスチールタイプです。

スチールタイプは、
強度があり価格も安いのが特徴です。

 
ジュラルミンやチタンは、
軽量でカラフルでファッション性があります。

ホイールやボディカラーと、
コーディネートを楽しみたい方にオススメです。

 
クロモリタイプは強度があり、
レース・ラリーなどで使われますが、価格はスチールより高くなります。

ナットは用途に合わせて、選択するといいです。

 

袋ナット最安値価格

楽天
⇒ 袋ナット M12×P1.5 21HEX メッキ
 

ヤフーショッピング
⇒  袋ナット M12×P1.5 21HEX メッキ

 
アマゾン
⇒ 袋ナット M12×P1.5 21HEX メッキ

いかがでしたか?
今回は、トヨタ車用のホイールナットの選び方を書きました。
ホイールナット選びの参考になればと思います。