ヨコマハタイヤのブルーアースGT(AE51)の特徴や良さは?

<ヨコハマタイヤ ブルーアースGT>
 

ブルーアースGT

 
日本のタイヤメーカーのヨコハマタイヤ。

BluEarth(ブルーアース)は、ヨコハマの定番モデルです。

そのBluEarthの新モデルが「BluEarth GT」です。

BluEarth-GT AE51
 

ブルーアースには、ブルーアースAというモデルがありますが、ブルーアースAは従来品として販売されています。

 
ブルーアースGTのタイヤパターンは、左右非対称デザイン。

BluEarth-GT AE51
引用:https://www.y-yokohama.com/

タイヤのINとOUTで剛性を変えて接地面をコントロールしています。
 

ブルーアースGTの特徴は、転がり抵抗が少なくて、ウェットのグリップも高いこと。
 

<ブルーアースGT>
・転がり抵抗はAA表記
・ウエットグリップもA表記
 

ウェットグリップAは最高グレードです。

転がり抵抗と相反するウェット性能が上がっています。
 

ブルーアースGTの発売は、2019年2月。
 

ブルーアースGTのサイズ

 
BluEarth-GT AE51のサイズは、14~19インチの設定

ek

155/65R14 といった軽自動車サイズから245/40R19というミニバン、プレミアムセダンサイズまで幅広いです。
 

コンパクトカーサイズもあります。
・175/65R15
・185/60R15
・195/65R15

幅広い車種に装着できるタイヤです。

 

ブルーアースGTがおすすめの人は?

 
通常のタイヤよりも、ワンランク上のタイヤが欲しい方におすすめです。

逆に、格安タイヤを探している方には向かないです。

走りを売りにしているため、走りが好きな方やハンドリングを楽しみたい方に向いています。
 

高速の安定性も高めのタイヤがブルーアースGTです。

乗り心地とハンドリングもいいので、インチアップタイヤとしてもいいです。

 
いかがでしたか?
今回は、「ヨコハマ・BluEarth-GT AE51」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考になればと思います。

ルノー・トゥインゴGTのインチアップサイズは?純正サイズは?

トゥインゴのインチアップ情報

トゥインゴGT

トゥインゴは、
フランスの自動車製造会社、
ルノーの生産する小型乗用車。

・初代(1992-2007年)
・2代目(2007-2014年)
・3代目(2014年-)
  2018年2月1日 – 限定モデル「GT」を通常グレードに
 

こちらのページは、
ルノー・トゥインゴGTです。
 RRのコンパクトハッチバック

<駆動方式>
・駆動方式:RR
リアエンジン・リアドライブ方式(RR)

5MT/6AT

グレード GT
全長×全幅×全高 3630×1660×1545
ホイールベース 2490mm
車両重量 1040kg
エンジン 直3 DOHC
総排気量 900cc
最大出力 80kW/7000rpm
最大トルク 170 N・m 2000rpm
JC08モード燃費 –.0km/L
ガソリン プレミアムガソリン

純正タイヤ・ホイールサイズ

17インチ

  • 型式:AHH4B1
  • 年式:2018年2月~
  • タイヤサイズ(前):185/45R17
  • タイヤサイズ(後):205/40R17
  • ホイールサイズ(前):17×6J
  • インセット(前):38
  • ホイールサイズ(後):17×7J
  • インセット(後):ーー
  • ホール数:4穴
  • PCD:100

前後でタイヤサイズが違います。

トゥインゴGTのボルトサイズ

ホイールボルトのサイズ

  • M12×1.5

 

トゥインゴGTのインチアップサイズ

トゥインゴGTの18インチへの
インチアップのセットはありませんでした。
 

駆動方式がRRで、
前後異径サイズのため、専用タイプになります。

17インチでも、
社外品のホイールセットは少ないです。
 

ホイールセット

 
楽天
⇒ ルノー トゥインゴGT 17インチ ホイールセット
 

いかがでしたか?
今回は、「トゥインゴのインチアップサイズ」を紹介しました。
タイヤ・ホイール選びの参考にしてください。